2018年04月27日

詩人・吉増剛造展「涯テノ詩聲」

4/25から5/1まで沖縄に来ている。

前からずっと気になっていた場所で、
今回やっと初滞在。

目的は撮影と、
沖縄県立博物館・美術館での詩人・吉増剛造展「涯テノ詩聲」を観る事。
http://okimu.jp/exhibition/1519351126/

作家の鈴木余位さんから招待状を頂き、
今日がその展示のオープニングだった。

足利〜那覇〜渋谷区松涛と続く展示だけど、
構成・内容は土地土地で少々異なる。
図録には展示会場オリジナルの冊子も付属。

個人的には足利展よりも楽しかった。

理由は今回外部の展示ディレクターが存在していたので、
観せ方に遊びの中にも統一感があり、
それが全体の流れの良いアクセントになっていたからだと思う。

初日の今日は、
吉増さん本人によるギャラリーツアーがあった。

意外にも展示全体を回るアーティストトークは初めてとの事。

でも作品の説明というよりは、
参加者に話しかけるような語り口で、
いつもの吉増さんらしい内容だった。

自分が吉増さんを知ったのは、
2004年頃に読んだProvoke3号に寄せたテキスト。

詩ではなくてテキストが先という、
当時の自分の無知さを表すエピソードの一つだ。

そこから一気に吉増さんの作品を追い掛けた。

そして想いはいつか繋がるもので、
テンポラリースペースの中森さんとの縁で、
昨年のSIAFで吉増さんの映像作品に関わる事となり、
その流れが今へと続いている。

実に13年越し。

この展示が無ければ、
沖縄訪問は先延ばしにし続けていただろう。

この素晴らしい土地に導いてくれた"友人たち”に感謝したい。
posted by タケモト at 23:17| dearFILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

Kyotographie #2

Kyotographieでの自分のプログラムは、
本日で終了。

自分の中でのミッションは一つ出来なかったけど、
一つオプションを得られたので、
成果としては良かったと思う。

ただKyotographieは、
今日のパーティに関しては完全に興醒めさせられた。
まるで茶番。

帰りに渡されたお土産らしき紙袋は全部捨てて帰って来た。

大半の人たちは楽しんでいたのかも知れないけど、
自分には違和感でしかなかった。

やっぱりReview Santa Feが忘れられない。

30714595_1617650744997022_5332384232230617088_n.jpg
posted by タケモト at 00:22| dearFILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

Kyotographie

Review Santa Fe以来約4年ぶりに、
Kyotographieでポートフォリオレビューを受けることにしました。
https://www.kyotographie.jp/

その理由は、
鎌倉に移住してから、
なるべく早いタイミングで最初のアクションを起こしたかった事と、
Kyotographieはオーディエンスとしても参加した事が無かったので、
全く新しい出会いが望めるから。

まだまだ行きたい場所、
自分の写真を観て欲しい人たちがいっぱい居るので、
そのチャンスを掴みにいきます。
posted by タケモト at 21:32| dearFILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする