2006年10月20日

同世代

自分の周囲に、「話せる」同世代ってあまり居なかった。

生き方に共感出来たり物作りの刺激を受けたりするのって、
殆どが年下のみんな。
それも一回りぐらい下とか。

一生懸命というか表現に対して純粋な人間が多くて、
一緒に過ごすのが本当に面白い。
損得、裏表だって無いしね。

そんな中で、
紀伊國屋での個展前後から、
「話せる同世代」と呼べる人達と知り合う機会が何度かあった。
いずれも自分が写真をやっていなければ、
出会うきっかけは無かっただろうと思う人達。

そんな中の1人。
札幌でセレクトショップを経営している阿部さんが、
読んでいて自分もちょっと熱くなるような日記を、
自分のHP内のSTILLY DIARYECOMMENDというBLOGに記していた。
日にちは10月19日分。
http://www.stilly.co.jp/

自分は写真でしか出来ないけど、
もっと札幌を面白い街にして行きたいよ。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
開催中の写真展の詳細はこちら
http://dearfilms.seesaa.net/archives/20060929.html
posted by タケモト at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック