2015年09月04日

写真夜会4 実践 暗室表現

実行委員として参加している、
札幌にあるギャラリー鴨々堂での写真イベント「写真夜会」。

その4回目は、
「実践 暗室表現」と題して10月16日(金)に行われます。
参加費1500円 定員15名(申し込み多数の場合は抽選)
http://kamokamo-do.com/?p=1592
https://www.facebook.com/events/298443750326392/

以下イベントページからコピぺ。

**********
暗室」という言葉は聞いた事があるけれど、実際どんな事をやっているの?

長きに渡ってモノクロプリントを行っている写真家は、
どうやって「暗室」で作品を仕上げているの?

今回の写真夜会では、
そんな謎に迫る企画をご用意しました。

鴨々堂に一夜限りの暗室を作り、
二人の写真家がそれぞれの手法で、
プリントを仕上げる場面をご覧頂きます。

世界的にも暗室プリントにこだわる写真家が激減している中、
とても貴重な機会になると思います。
お申込みをお待ちしています。

《 参加写真家 》
酒井広司
1970年代から北海道を撮影対象にした写真を制作
1980年 「夏の消失点」にて東京工芸大学フォックスタルボット賞入賞
2014年 「偶景/Sight Seeing」他にて第30回東川賞特別作家賞授賞

藤倉翼
2005年 エスクァイアデジタル写真賞
2006-07年 Art of still life賞
2010年 東京インタラクティブ•アド•アワード 金賞
2014年 東川国際写真フェスティバル 赤レンガ公開ポートフォリオオーディション準グランプリ
**********

自分が言うのもなんですが、
これは絶対に楽しいと思います。

特に実行委員がこだわったのは、
暗室ワークショップではないという点。

一般論的な暗室教室ではなくて、
写真家個人の暗室ワークを垣間見る事が出来る企画。

この場でしか見られない、
思わぬハプニングも起こる事でしょう。

たくさんのお申し込みをお待ちしています^_^

竹本英樹/Hideki Takemoto
http://www.hidekitakemoto.com
posted by タケモト at 01:50| dearFILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする