2016年05月20日

restart

札幌・ギャラリー創での個展、
"PIECE of PEACE"が終わりました。

足を運んで頂いた皆さま。
どうもありがとうございました。

実は今回の展示。
昨年NYCで撮った写真を使った個展のはずでした。

しかし準備期間中に自分訪れた街でテロが起こりました。

滞在から2週後に起きたパリでのテロ。
滞在から約1年後に起きたジャカルタでのテロ。

2001年のNYCでのテロも、
滞在から2週間後でした。

そんな事から、
展示内容を変えました。

"PIECE of PEACE"
「繰り返す日常こそが特別な1日なのだと思う」
"I find that no day is more special than a routinely normal day"

さらに個展1ヶ月前に起きたのが、
熊本での地震でした。
行った事がある場所ではありませんが、
被災した土地の映像には言葉が出ませんでした。

こんな事から今回は記憶や記録を封じ込めるという意味でも、
フレームにしっかり額装しました。

そして初めて一点一点にキャプションをつけ、
この年にこの場所で撮ったPIECE of PEACEということを明示しました。

入り口正面には1030mm×1456mmの大きなプリントを配置しましたが、
まずは写真の中に入り込むようなイメージを作りたいという思いからでした。

写真の高さも低めにしていたので、
2m程度下がって観ると、
道がそのまま自分の方まで続いているような感覚になれたのではないかと思います。

来ていただいた皆さんは、
どのように感じられましたでしょうか。

他に今月は、
札幌市内で小規模な展示が予定されています。
正式な日程が決まりましたら、
お知らせ致します。

また札幌では書店扱いが途絶えていた、
写真集「意識の素粒子」ですが、
MARUZEN & ジュンク堂書店 札幌店での取り扱いが始まりました。
http://honto.jp/store/detail_1570046_14HB320.html

まだご覧になられていない方は、
一度手にとって頂けたらと思います。

竹本英樹/Hideki Takemoto
http://www.hidekitakemoto.com
posted by タケモト at 14:28| dearFILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする