2018年01月02日

生活圏の風景

近所の北海道神宮へ初詣に向かったのだけど、
歩いているうちに何だか行く意味が分からなくなって来て。

結局現地着いても、
お参りもせずおみくじも引かず帰宅。

そんなことをしていたら、
スコセッシの沈黙という映画を思い出した。
いい作品だった。
好き嫌いは完全に分かれるだろうな。

前を通った宮の森美術館の、
展覧会告知看板が取り外されていた。
地域にも開かれた良い美術館だったのに。
寂しい。

ミュージアムガーデンの建物の方はそのまま。
営業はしていないが、
玄関前は綺麗に除雪されている。
こっちはどうなるのだろいう。
ボタジさんの壁画は変わらず美しい。

帰ってからカメラを持ち出し、
生活圏のいつもの風景を拾う。

今冬の札幌は、
比較的雪が少なくて気温もそんなに低いとは感じない。

道路は水たまりだらけで、
後ろを歩いていたおばさんが、
「これじゃどんな靴を履けばいいんだか・・・」と愚痴っていた。
オレはツルツル路面よりはマシだと思うのだけど。

そして、
移住計画は諸般の事情で暗礁に乗り上げた。

多分しないだろう。

仕事付き合いの人たちには年明けに話そうと思っていたので、
無駄な混乱を起こさせずに済んだ。

札幌 2018
L1133158.JPG
posted by タケモト at 17:51| dearFILMS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする