2006年10月16日

micro.

1015.jpg

土曜の夜、microへ行った。
http://mic-ro.seesaa.net/
今はウリュウユウキさんの写真展が開かれている。
見ていて、写真に対し真剣に取り組んでいる気持ちが伝わって来た。

最近ここのスペースが様々なメディアに取り上げられているけど、
11月いっぱいで区画整理の為に無くなってしまう。
本当に惜しい。

この日も即席ミニライブが突発的に始まったりして、
表現者にとっては貴重なスペース。

金は出すけど口は出さねぇみたいな、
粋な企業が札幌には無いもんかねー。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
写真展やってます
http://dearfilms.seesaa.net/archives/20060929.html
posted by タケモト at 02:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

トイカメラ

1014.jpg

実はトイカメも好き。

最近は全然使ってないけど、
LOMO LC-Aは初期型USSR製キリル文字のを持ってるぐらい。
これは一度巻き上げが壊れた事があったっけな。
懐かしい。

そんなトイカメ好きにはたまらないイベントが、
昨日13日から23日までPARCO札幌店7Fで開催中。
題して「マジカルカメラツアー2006in札幌」
http://www.parco-sapporo.com/web/new/061010.html

初日に会社へ行く前に覗いたけど、
ロシア系を中心とした中古カメラもあったりして面白かった。
スペースは広くないけど、
この手のカメラが好きな人なら楽しめると思うよ。

話しは全然変わるけど、
昨日仕事で、ある女優さんのインタビューに立ち会った。
体の中心にバキっと太い芯が通っている人みたい。
話す言葉に説得力がある。

やっぱり自分の世界をしっかり持ってい人には魅力を感じる。
凄く有意義な1日になったな。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
開催中の写真展についてはこちら
http://dearfilms.seesaa.net/archives/20060929.html
posted by タケモト at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

CISCO

1008.jpg

札幌のCISCOが無くなった。

オープンした頃は今みたいなクラブミュージック主体の店ではなくて、
全ジャンルの輸入レコードとCDを置いていた。
TOWER RECORDSに比べて品揃えがマニアックだったし、
アナログの限定盤も入荷していたから、
毎週のように通っていたな。
好きなアーティストのサイン入り盤を見つけて、
大喜びした事もあったっけ。
今の商品構成になってからは足を運ぶ機会は減っていたけど、
やっぱり寂しいね。

しかもアメリカのTOWER RECORDSは廃業でしょ。
最近のNYのTOWER RECORDSなんかは、
店に居るのは中高年ばかりが目立っていたらしいし、
これも仕方ないのだろうな。
ジャケ買いなんて言葉は、
アメリカじゃあっと言う間に死語だね。

それにしても配信の音楽とデジタルの写真って、
凄く重なる気がする。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
10/11から展示やります。詳細は9/28のブログで。
posted by タケモト at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

写真展まで5日

1080.jpg

今回の写真展では自分としては初めての試みで、
展示する写真のセレクトを、
被写体となっているanoilaのメンバーにもお願いしていた。

やはり自分のセレクトとは違う部分があって、
凄く面白い。

今夜はプリント作業の真っ最中。
なかなか良い感じの展示が出来そう、

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
展示の詳細は9/29のブログで
posted by タケモト at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

面白かった

hihyou.jpg

広告批評の9月号。
特集は「ファッションの今は伝わっているか」。

今のファッションコミュニケーションが誰によって、
いかに作られているのかを表と裏から取材している。

表紙は映画「69 sixtee-nine」に出ていた太田莉菜。
69はDVDも持っている大好きな映画なんだけど、
中を読むまでは本人とは気付かず・・・。

今ではmiumiuのキャンペーンモデルだし、
しかもまだ18歳。
凄いよね。

写真家ではTerry Richardsonも取り上げられていた。
彼の写真は今年の夏に、
表参道にあるhysteric gramourのギャラリーで見たけど、
自分にはちょっと度が過ぎていて理解不能。

今の自分の撮影手法で、
商品のディテールをはっきり見せる事は出来ないけど、
そういう雰囲気を理解して貰えるのならば、
ファッション写真はやりたいジャンルだし、
チャンスがあればモノにしたいと思っている。

この広告批評に書かれていたんだけど、
日本で最も多く雑誌広告を出稿しているクライアントは、
トヨタでもソニーでもなく、
LVMHグループなんだそう。
ちょっと驚きな事実だった。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
今月の展示については9/29のブログでご覧下さい
posted by タケモト at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

展示の準備1

DSC_5194.JPG

展示に使うプリントを少しづつプリント中。
これも好きな写真の一つ。

撮ったバンドは札幌をベースに活動しているanoila。
vocalのminaさんのblogはこちら。
http://miiina.seesaa.net/

ジャンルはjazzをダンスミュージックに
アレンジした感じと言えばいいのかな。
ベーストラックをDJが出して、
それにボーカル、ギター、ベース、ピアノが乗っかると言うスタイル。
ノンストップに近い状態で次々曲が繰り出されるテンポもカッコ良かった。

dear FILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com

展示の詳細は9/29のブログでご覧下さい。
posted by タケモト at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

突然ですが・・・

10月に展示を行います。
今までやった事が無いパターンです。

もう遅い時間になってしまったので、
詳細は明日書くね。

おやすみなさい...zzz

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
posted by タケモト at 04:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

ハーフサイズカメラ

beatle017.jpg

この写真を撮ったカメラ、OLYMPUS PEN Wの健康診断を実施。
お願いしたのは、いつもお世話になっている山下カメラサービスさん。

中古で買った物だし、生産されたのは1964年。
とりあえず今は問題無く動いているけど、
長く使って行きたいのでチェックする事にした。

結果は絞りのダイヤルにちょっと不具合があって、
調整とクリーニング。
シャッタースピードも若干狂っていたので、
それも直して貰った。

特に絞りの方は、
そのまま使っていたら危なかったらしい。
今のうちに対処出来て良かったよ。

山下さんの工房に行くのは本当に面白くて、
何か修理する度に、
そのカメラの機械的な部分の勉強をさせて貰う。
今回は歴代PENのシャッター、絞り羽、露出計の違いを、
実際にパーツを見せて貰いながら説明してくれた。

それを全てストックしているのも凄いけど、
知識が半端じゃない。
本来は修理終わりのカメラを受け取るだけでいいのに、
ついつい長居してしまう。
ここに書きたいけど書けないカメラの裏話があり過ぎ・・・。

本当は個展のSPECIAL THANXに山下さんも入れようと思っていたのに、
失礼な事に記載するのを忘れていた。
改めて、ありがとうございます!

そしてもう1つ。
カメラのキタムラ羊ヶ丘通り店さん、ありがとうございます!
http://mpm.kitamura.co.jp/mssm/blogs/101/4871/index.html

で、ハーフサイズカメラと言えば最近こんな本が発売された。
「ハーフサイズカメラ遊楽」飯田鉄+良心堂
泄出版社 680円。

DSC_5389.JPG

文庫では新刊だけど、
以前発売された「使うハーフサイズカメラ」という本を
文庫用に再編集した物なので、
それを読んだ事がある方には無用。

自分は「使う〜」の方を読んでいなかったんで、
ヨドバシカメラマルチメディア札幌店で購入。
あっという間に読んでしまったけど、
結構楽しめる本でした。
ハーフ好きの方はチェックして損はないと思う。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
posted by タケモト at 01:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

個展中に

DSC_5281 のコピー.JPG

依頼があればライブ写真を撮ったりもする。

これは個展中の9月10日に撮影したもの。
機材はNIKON D50+NIKON ED AF NIKKOR 80-200mm F2.8。
基本的に依頼系の物はデジタルで撮影をしている。

とは言っても現場で感じた自分の感覚を生かしたいので、
リクエストが無い限り後処理は行なわない。

個展ではFILM崇拝みたいに感じたかも知れないけど、
デジタルカメラを嫌っている訳ではない。

世間の流れがデジタル一辺倒になっていて、
FILMの良さが忘れられて行く一方なのが悲しいだけなんだよな。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com





posted by タケモト at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

from SAPPORO

beatle017.jpg

先日載せた私寫眞の別カット。

これはこれで好き。

いつか35mmFILMだけで撮った写真で、
展示をやるのも楽しそう。

見てくれる人が居るのなら。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com



posted by タケモト at 04:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

from SAPPORO

beetle016.jpg

昨日は徹夜後にそのまま20時間労働。
家に帰ってからの記憶があまりなく、
気付いたらソファーで朝に。

あーあ、ブログを更新出来なかった・・・。

溜息しつつ、ふと電源が入ったままのテレビを見たら、
青いユニフォームの人達がやたら喜んでた。

そっか。
おめでとう。イタリア。
ユニフォームのサイジングも好きでした。

まあ、こんな日々を送っているけど、
もうすぐ審判の日だし、
時間を持て余すよりは気が紛れていい。

今日の写真はこの前のBLOGに書いた、
PEN Wで撮ったもの。

場所は札幌大通のSHIPS前。
時間は夜8時ぐらいだったかな。
とりあえず初夏の心地良い夜だった事は覚えてる。

PEN Wは使うのが初めてだったから、
特性が全く分からなかったけど、
この写真を含めて好きな写真は何枚かあった。

そうだな。
もしも世界中の8mmフィルムが無くなったら、
作品作りにはこのカメラを使うかも。
いくらFILMが好きでもライカやローライなんかより、
自分には似合う気がする。
持ってる時の高揚感も独特だったし。

あと、今日はdearFILMS用のフィルムの現像も出来て来た。
夜のスナップばかりだけど、
次の個展で使えそうなのもあった。
とりあえず一度明日にはプリントする予定。

個展まで約2ヶ月。
最近暇さえあれば紀伊國屋のギャラリーへ行って、
1人頭ん中で展示のシュミレーションをしてる。
本当に凄い楽しみ。

そうだ。

最近アクセス数が凄い事になってるんだけど、
誰か人気あるとこがリンクでもしたのかな・・・。

したんなら教えてよ。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
posted by タケモト at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

気分

今日は昨日来たPEN Wのテスト撮影で、
夜の札幌大通へ。
気分的にも凄く写真を撮りたい感じだったし。

フィルムは何でも良かったから、
入ったお店でたまたま売っていた、
KONICA MINOLTA業務用カラーフィルム400の
12枚撮りを詰めた。
価格は210円。でもこれって安いのかな。
良く分かんない。

ハーフカメラでのスナップは、
先月もやったけどやっぱり面白い。
あっと言う間に24枚が終了。
好きなのがあったらスキャンして載せてみようと思う。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
posted by タケモト at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

さっぽろキャンドルナイト2006

DSC_3585.JPG

今夜は「さっぽろキャンドルナイト2006」の日だった。

このイベントは、1年中で一番昼が長い夏至の日に
夜8時から10時の2時間、
みんなで一斉に電気を消してキャンドルに火を灯し、
スローな夜を過ごそうというちょっといい感じな物。

有名な場所ではテレビ塔やJRタワーの明かりも消されると言う、
今の時代にあったイベントだ。

で、画像はそのキャンドルナイトの様子。





では無く、家のガスコンロ。
一人で北ガスナイト。

だってキャンドルなんて持ってないもん。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com
posted by タケモト at 04:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

新カテゴリ

samsimg014.jpg

今日から「私寫眞」というカテゴリを追加した。

「dearFILMS」として出している写真は、
現時点では一つの撮影手法に限定しているので、
「私寫眞」では手法は限定せずに、
自分の写真を載せて行こうと思っている。

とは言っても今年はもう少し表現の幅を広げた展示も
やりたいと考えているので、
この先dearFILMSのカテゴリに含めて行くかも知れない。

とりあえずこの写真は先日のBLOGに載せたカメラで撮った物。
買ってから1本目のフィルムだったから、
テスト撮影って感じで札幌をスナップしてみた。

フィルムはカメラで設定出来ない高感度フィルムだったから、
内蔵露出計の正確さは分からないけど、
とりあえず問題無く撮れる事は確認出来た。

この手のカメラでスナップを撮るのは久し振り。
凄い新鮮な感覚で撮れたし、とにかく楽しかった。

また最近意識的に活字と向き合う時間を作っている。
良い本との出会いもあったので、
自分の写真に良い影響を与えそう。

もっともっと写真を撮りたくて仕方ない。

dearFILMS/Hideki Takemoto
http://www.dearfilms.com







posted by タケモト at 01:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 私寫眞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。